<< たび便り~たべもののこと お寒ぅございます。 >>

たび便り

c0083123_18362174.jpg

砂埃舞い上がる道。
道はどこまでも続いていたけれど
ひとまず、旅は終わりました。





c0083123_18435691.jpg


朝起きたら。どこに行こうか?
遺跡めぐりに疲れた頃にはお昼ごはん。
いつものお店のフランスパン。オムレツ挟んで半分こ。$2
そのうちお店の男の子とも顔なじみ。
時間制限されたツアー客が汗だくだくで通りすぎるのを横目に
涼しい顔して木陰でランチ。はたまた昼寝。。。目の前にはアンコールワット。

夕暮れ時には丘に登り、SUNSET
薄暗くなったら、夕ご飯は何にしよう?
キンキンに冷えたビールを想像しながら丘を足早に下る。

まいにち、こんな感じで。

前回は恐れていたローカルな食べ物もたくさん食べたり
ローカルすぎて、全く英語が通じないお店に入ってしまったり。
(クメール語しか通じなかった・・・)

船に、船頭さん、Sちゃん、わたし。3人だけで島に行ったり。
わたしたちの為だけに動く船。 あ~なんてVIPなのかしら。
(・・・船のエンジンは手動。ヒモみたいなのを、ものすごい勢いで引っ張って掛ける。
ものすごい音がする。オンボロ。笑)


道が出来る前は半日かかりました。
最近やっと道が良くなって1時間30分で行けるようになりました。(地球の歩き方より)
という竜巻にでも遭ったか!?くらい砂埃の舞う道を通って遠~い遺跡に行ったり。

「山賊でます。注意!」
このご時世に耳を疑うようなキーワードを聞いたり。サンゾク・・・?

しかし無事に帰ってこれました。
半泣きくらいはありました。でもたくさん笑えました。ミラクルも起きたし。
これぞ経験。 ひとまわり大きくなりました。

帰る日には
「あとたった半日したら日本に居るなんて信じられないね」
真夏のシェムリアップから日本へ。
当たり前だけど、確かにちゃんとありました。ここには冬の日本が。

ロンプリも少しばかり、毛がモジャモジャになっていました。

今この時も、あの街のあの通りは、灯りがともって、人が行き交って、
バイクがビュンビュン走って、忙しないのに、何故だか、ゆるい時間が流れているのでしょう。

また、ちびちび書きたいと思います。
[PR]
by platinumdays | 2008-03-06 20:40 | カンボジア
<< たび便り~たべもののこと お寒ぅございます。 >>