<< 今日のワンコ 謹んでぇお慶び申し上げます >>

信じる者は救われない

c0083123_190538.jpg
週末。
骨董市をはしごしました。
古いタンスや布や器などが所狭しとひしめき合って
気に入ったものがいくつかありました。
ひとつ、気に入った器を買いました。ジャンベも買いました。楽しかった~。

で、←これ。骨董市に出店していたおじさんが通りすがった私を
わざわざ呼び止めて
「おねーちゃん、おねーちゃん、これ持ってきな!便所の神様。
おトイレに貼っておきな~」 とこの紙切れをくれました。
お坊様が便所の神様らしき鬼を拝んでいる様子です。




突然のことでびっくりしながらも、お礼を言って違う店へ物色に行きました。
わたしがこの守り神を手にヒラヒラさせて歩いていると、またまた違う骨董屋の
お兄さんが話しかけてきました。
「すごいの持ってますね~。これなんだか知ってる?」
と言いながら、わたしの手から守り神を奪うと、お兄さんは慣れた手つきで
山折り、谷折り、、、

わたし、「ぎぇぇええええーーーー!!!!!」

びっくらこきました。世の中にこんなことがあるものか。

守り神をくれたおじさんはこの紙を大量にコピーしてあったけど
折り方については何も説明していなかったので
もらった人の中にはこれが本当は何なのか未だに分かっていない人もいる事でしょう。

はぐれていたSちゃんをすぐさま探して駆け寄りました。
今はもうトイレの守り神では無くなったその紙を天高く掲げて。

この画像は載せてはいけないモノかもしれません。
エキサイトから警告が来るかもしれません。
覚悟して載せます。小さ~~~く。
目を凝らしてご覧あれ。

c0083123_19322494.jpg


便所の神様だと信じて疑わなかったその紙も
今ではわたしは折っていないそのままの状態でもエロスの神様にしか見えません。
見えた人は、今年はエロスの神がお守り下さることでしょう・・・  合掌。
[PR]
by platinumdays | 2008-01-07 19:50 | diary
<< 今日のワンコ 謹んでぇお慶び申し上げます >>