<< うるわしの日本 茄子色に染まった日 >>

サンタちゃんのすべらない話

c0083123_18372483.jpg

慌てんぼうのサンタちゃんは友人たちを招待して
ワインパーチーを開きました。

よもや、後にあんなことになるなんて、つゆほども知らず。





c0083123_1841352.jpg
フラッシュを浴びるサンタちゃんは人気者。


c0083123_18425556.jpg
飲んで食べて笑って楽しいひとときは
穏やかに過ぎてゆきました。











しばらくして、あんなに人気者だったサンタちゃんはSちゃんにぶッさらわれました。
サンタちゃんの三角帽子はズレました。
サンタちゃんはお皿を洗うma-mixの足元で正座して、オエオエ泣きました。
今となってはあの鮮やかな赤い衣装は痛々しく
世界中どこを探しても泣いているサンタなんて見られません。
Sちゃんは仏のような人です。
サンタちゃんは今まで1度もSちゃんが怒ったところを見たことがないのです。
ふだんは大人しいキリンや象が怒ったときの事を想像してください。
ライオンに怒られるより恐ろしく、ギャップに慄きます。
そんな仏のSちゃんが、サンタをぶッさらう。
よほどの理由です。
あまり言いたくないけど、聞きたい?
みんなの布団を敷いてあげてるSちゃんの後ろにまとわり付いて
「ウェ~ィ」と小島よしおの真似しながらSちゃんのズボンを3回ずらしたサンタちゃん。
4回目をやり掛けた瞬間、ぶッさらわれました。
下しか見ていなかったので一瞬の出来事でした。
ma-mixはあの2人、イチャイチャしているな~と思いながら振り向いたとき既に
サンタはぶッさらわれていた。と後日、語りました。

連日のハードな仕事で疲れている。
彼女がサンタのコスプレをして小島よしおだ。
しかも、とてもしつこい。

これはキッカケで今までの色々が爆発したと考えられます。
その夜は「あたしはサンタちゃんなのに。」
「自分だってさっきまであたしのタイツはいてエガちゃんやってたのに!」
と思い、ろくに反省しませんでした。
次の日は泣いて目が腫れて、稲中の前野になり
1週間険悪なムードが流れ、別れ話までいきました。
でもここで別れたところで人に理由を説明できない・・・

そして1週間後、仲直りできました。
時が経つと、笑いがこみ上げてくるのです。どんなに真面目に別れ話をしても根底には
「がっぺムカついたエガちゃんにサンタがぶッさらわれた」という
哀しく面白い事実があるのです。

いくらサンタでもぶッさらわれる時はさらわれる。
男を甘くみてはいけない。
仏の顔も3度まで

勉強になりました

ma-mixの後日談。もひとつ。
ma-mixはその夜、泣き疲れたわたしが脱ぎ散らかしたサンタの衣装を
1度、手に取ったそうです。
「この険悪なムードの中、これ着て出ていったら面白いら~」と思いながら。
思い止まったそうですが。
ぜひ、着て出てきて欲しかった。
それで、ma-mixもぶッさらわれたら良かったのに。。。

わたしたちの喧嘩にも動じない友人たち。頭が下がります。
[PR]
by platinumdays | 2007-12-18 19:49 | diary
<< うるわしの日本 茄子色に染まった日 >>