<< 写真でしか見たことのないあの場所へ 3キロ自転車の旅 >>

世界最古の音色

c0083123_2115320.jpg


『ディジュリドゥ~ディジュリドゥ~』
呪文を唱えるSちゃんのうしろを
のこのこ付いていく





オーストラリアの先住民 「アボリジニ」の楽器
『ディジュリドゥ』
ユーカリの木をシロアリが食べ、空洞になったもの
文字を持たないアボリジニ
楽しいことも悲しいことも全て
この『ディジュリドゥ』を通し 気持ちを音に変えました
極上のオーガニックサウンド!

今ではトランスに重なったりして日本の若者もこの音に
踊り狂う不思議な感じ。。。

この楽器を吹くには 「循環呼吸」 を習得しなければなりません
口から息を吐くと同時に鼻から吸い続ける
つまり音が途切れることがありません
1時間、2時間は当たり前
なんという神業呼吸法!

そしてこの音色
言葉では表現できない・・・
音がふたつに聞こえます
c0083123_2117587.jpg

一日が静かに暮れる窓を見ながら
日常の小さな音が
うるさいほど耳に入ってくる
深い音の中に吸い込まれたヒトトキ


帰り道はわたしが『ディジュリドゥ~』と唱え
片手には釜焼きパン★
夕日の中を帰るのでした
[PR]
by platinumdays | 2007-02-20 21:32 | diary
<< 写真でしか見たことのないあの場所へ 3キロ自転車の旅 >>